3%

高齢者の食欲低下の判定と治療における医療従事者の知識と実践の評価(加齢に伴う食欲低下)

この調査の目的は、高齢者の食欲低下(加齢に伴う食欲低下)の判定と治療における医療従事者および医療チームの専門的実践のギャップ1を評価することです。
本調査の目的では、高齢者は65歳以上と定義しています。
 
この調査に参加することによる予測可能なリスクはなく、メリットはありませんが、高齢者の食欲低下のケアについて理解を深めることができます。すべてのデータ収集は個人を特定しない形で行われ、集計結果のみを報告させていただきます。
 
本調査への参加に同意していただいた場合、合計 26項目(最大)の項目に回答していただく必要があります。所要時間は約10分です。
 
本調査に参加できるのは、食欲低下のリスクがあるか、もしくは食欲低下と診断された高齢者をケアしている方ですが、直接的にケアしていても、医療チームの一員としてケアをしていても結構です。

この調査は、Sarcopenia, Cachexia and Wasting Disorders(サルコペニア・悪液質・消耗性疾患学会、SCWD)によって世界的に実施されている混合研究法の一部であり、ファイザーからの独立した教育助成金によってサポートされています。
 
この調査に関する質問やコメントがある場合は、以下にご連絡ください。 Tatiana Klompenhouwer (tklompenhouwer@mededgs.com)
 
1 専門的実践のギャップとは、次のように定義されます。
専門家が行っていることや達成していること(パフォーマンス)と、最適に「現在の専門知識に基づいて達成可能なこと」との差。ACCME
 
以上、本調査の目的をご理解の上、アンケートへの回答を持って同意とさせていただきます。
Powered by QuestionPro